2010年03月15日

峡谷の駅 30m(バス停付)

峡谷の地上鉄道の駅 30m(バス停付)。

勢いで「峡谷の駅」下30mにバス停を敷設。設置場所造成が少々面倒でございます。

  • サイズ 2×4
  • 建設費 500$
  • 維持費 30$
  • 撤去費 100$
  • 乗客数 6,000

峡谷の駅」との違いはサイズ。こちらは2x4です。

Gorge-RailStation_30m01.jpg

峡谷の駅」と合わせてプラグインさせると山側に出口が表示されます(出口がなくとも駅機能に違いはありません)。

30m版だけで山側の出口を表示させる場合は「峡谷の駅」に入っている「Hodu-Enter〜」とあるSC4ModelとSC4Descの2つのファイルを30m側に入れると表示されます。

画像クリックで拡大します。

Gorge-RailStation_30m02.jpg

画像では斜面を駆け上っているのがバスだけになっていますが歩行者も往来可能です。

Gorge-RailStation_30m06.jpg
Gorge-RailStation_30m03.jpg
Gorge-RailStation_30m04.jpg

使いまわしなのですぐに公開できると思っていたのですが、斜面階段のProp化に思いのほかてこずってしまいました。2Dなのですね。

この記事へのコメント
Ukiさん、初めまして。
ご活躍、影ながら拝見・応援させて頂いております。
Ukiさんの作品はどれも色調、モデリングともに本当に私の好みで、処女作からあのクオリティで始まり、どれも本当に丁寧な造りには感心・驚かされるばかりです(^^)
実は私も同じなのですが、テクスチャーの画像に力を注がれているのは一目で伝わってくるのですが、若干ですが暗いかな?
Gmaxの背景は真っ黒で、その環境で長時間の作業をするので、目の錯覚でどうしてもSC4上で置いた時に暗め暗めになりやすいんですよね(^^;;
単体としては申し分ないのですが、SC4上で配置した時のバランスを考えると、本当に気持ち分、テクスチャーを明るめに設定すると更にMAP内に馴染むバランスを取れると思います。

なんて、偉そうな発言をしつつ、私の個人的な好みを語らせてもらってるだけだと思って下さい(^^;;

今後のご活躍も楽しみにさせて頂きますね!
頑張って下さい!
Posted by Mas'71(wiki副管理人) at 2010年03月25日 20:49
Mas'71さん、コメントならびにアドバイスありがとうございます。

> 若干ですが暗いかな?
暗いですし濃いですよね。
光沢が気になってついつい暗くしてしまい、結果濃くなっております。

つい今しがた、gmax関連をネットで漁っていると偶然「Self-Illumination」という語句に行き着きまして、今後この数値をこねくり回そうかと思っております。

今後も何かアドバイス等ありましたら、よろしくお願いいたします。


いただいたコメントへの返信のついでのような形で申し訳ないのですが、Mas'71さんのwikiがなければ、BAT作成を含め、ここまでSC4を楽しむことはできなかったと思います。
サイトの情報が充実していることはもちろんですが、長く維持、管理されているからこそ、発売からかなり経ってからこのゲームを手に取った私も存分に楽しむことができております。
本当にありがとうございます。
Posted by uki at 2010年03月26日 00:05
逆に嬉しいお言葉、ありがとうございます。
最近は参加してくている他のユーザーさん達にほとんどを任せっ切りな怠慢副管理人ですが(^^;
私もSC4の遊び始めには色々な方から助けて貰ってばかりだったので、同じ様に一緒に楽しめる人達を増やす目的に少しでも加担できていれば何よりの喜びです(^^)

テクスチャーの調整ですが、シムフォースさんのEdit-BBSで少し前に「ろままろ」さんがレスに貼ってあったOutputのコントロールも便利ですね。
テクスチャー画像そのものを加工しないでも済みますし、ある程度の応用も利かせられます。(じむさんの「野原家」のスレッド)


それとまた別件なのですが…
個人的に相談したい事があるのですが、もし差し支えなければ一度メールを頂く事はできますか?
⇒ momojiridog2●infoseek.jp(●を@に)
お時間がある時で構いません。宜しくお願いいたします。
Posted by Mas'71(wiki副管理人) at 2010年03月26日 13:21
Mas'71さん、只今メール致しました。
Posted by uki at 2010年03月27日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。