2010年03月10日

峡谷の駅(バス停付)

峡谷の地上鉄道の駅(バス停付)。

  • サイズ 1×4
  • 建設費 500$
  • 維持費 30$
  • 撤去費 100$
  • 乗客数 6,000

あまり原型をとどめていませんが駅全体はトロッコ保津峡駅、駅舎は玉柏駅をモデルとしています。

画像クリックで拡大します。

Gorge-RailStation07.jpg

駅舎側を谷と想定しています。

Gorge-RailStation01.jpg
Gorge-RailStation02.jpg

駅舎下の斜面は占有していないので樹木や法面で装飾可能です。

Gorge-RailStation03.jpg

モデルにしたトロッコ保津峡駅は保津川に架かる橋へ繋がるために駅舎が谷側にあるのですが、BATでここまで再現することができず山側へ通ずる地下通路としました。つまり駅舎向かいのホームに行くには地下通路を通り駅舎に入り、そこから跨線橋で再度線路を渡らなければならないという欠陥設計の駅に。しかしシムたちはお構いなしに利用してくれますw

Gorge-RailStation04.jpg
Gorge-RailStation05.jpg
Gorge-RailStation06.jpg

植樹は難しいですね。ついつい、やりすぎてしまいます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。